電話占いは電話で話をするだけなのになぜ当たるのでしょうか

顔やしぐさ、挙動を見ることなく、単純に電話で占い師の方と話をしているだけなのになぜか当たるのが電話占いの最大の特色です。

逆にこの点が大きな疑問になっている方も多いのではないでしょうか。
電話占いは相談者と占い師が話をしながら様々な条件を聞き出し、最終的に占い結果が出るわけですが、このとき、占い師は相談者と特に目的も無く単純に話をしているだけではありません。
まず事前にプロフィールを確認して、あなたがどういう方なのかをきちんと把握するように努めています。

同じような相談内容でも年齢や居住地などによって、その状況は大きく変わりますから相談者が置かれている状況をきちんと把握していくのは占い前段階として重要なことになります。

占い師は相談者が指定した番号へ電話を掛けてきますが、相談者が電話を取ったときの第一声をから既に占い師は占いを開始しています。

第一声は相談者もさぐりさぐり話を始めますが、この部分の反応から状況が判る占い師も多く存在しています。

占い師はこれまで何人もの人を対面や電話で占ってきたその道のプロですので、過去の経験やその能力から質問される前の第一声で既に悩み事が判ってしまうケースもあるのです。

そして、会話を進めていく中で、占いの結果を求めてきた方の話し方や口調、時にはだまってしまった様子まで含めて、全てを見通した上で自分の持っている力をフルに活用して、現況を把握します。

占いというのは自分が探りたい未来への思いを占い師の方の能力を使って引き出すために存在していますから自分に正直にありのままをさらけ出すことで、それが口調などになって占い師の方に響いてきます。

占いの能力がある方であれば、別に対面ではなくても電話で十分に魂のぶつけ合いが可能になるのです。

そして、相談者の方と完全に通じ合った状況を作り出し、最終的に占って欲しい内容に対する道を示していくのです。

つまり、電話占いにおいて、占い師は単純に話をするだけでなく、その会話の中で全てを把握して回答を導き出しているので、最終的に占った結果が当たった、ということにつながっていくのです。

電話占い 口コミ